日柱の「誘導星」を調べよう

四柱推命には「十二運星」という面白い考えがある。
その人の大まかな性質や運勢を、人の一生の一部分に例えて特徴を説明しています。
例えば、子供の頃のように無邪気とか、老年期のような落ち着きがあるとか。こうして例えたものを「誘導星」といいます。

下の表を見ると分かると思いますが「死」や「病」など、字を見ただけでは不吉な感じのする星もあります。
自分がその星を持っているからといって、死んだり病気になったりする訳ではないので、安心してください。

有名な動物占いは、この誘導星を動物に置き換えて作られています。

「誘導星」はホントは生年月日時の4つ分あり、それぞれを比較検討しなければならないのですが、ここでは、いちばんその人の特徴としての表れやすい日柱の「誘導星」の導き方を紹介します。

その人の大まかな性格と運勢が表れます。

 

☆占い方☆

こちらの生年・月数表で自分の数字を探してください。
その数に自分の生まれた日を足します。

例:1973/9/10生まれの場合は
36+10=46
運命数は「46」となります。

運命数を出したら、この「変通星・誘導星表」から同じ数字を探し、
誘導星」を見つけます。

運命数が「46」の場合、誘導星は「長生」となります。

下の表から、自分の日柱の誘導星をみて下さい。
大運(運勢の大まかな傾向)を知る事ができます。

 

日柱の
誘導星

特徴

動物占い
胎児の時期・・生まれる前の沢山の可能性。
可能性、変化、多芸多才、お天気屋、目移り、探究心
幼児期・・まだ幼い赤ちゃんのような憎めない可愛さ。
無邪気、無力の魅力、甘えんぼう、受け身、執着心
こじか
長生 子供の時期・・何で?どうして?と、何でも聞く頃の子供。
好奇心、物事に対する新鮮な目、温順、円満
沐浴 青少年期・・思春期の大人でも子供でもない感じ。
変動、おしゃれ、巣立ちの孤独、ワガママ、お天気屋
チーター
冠帯 青年期・・社会に出たばかりの若いエネルギー。
向上、独立心、前進力、負けず嫌い、反骨精神
黒ひょう
建録 壮年期・・経験豊富で、だいぶ落ち着いてきた感じ。
計画性、安定、堅実、忍耐、バランス、慎重、観察力
ライオン
帝旺 頭領期・・社会的に上の立場になった。
自尊の念、リーダー的、重荷、困難好き、ワガママ
晩年期・・そろそろのんびりと老後を。
落ち着き、自制心、慎重、守る、避ける
たぬき
病人期・・病で寝てても、心は逆に若返ってくる。
ロマンチスト、空想、繊細な神経、消極的、地道な努力
コアラ
死の世界・・現実の苦しみからやっと開放された。
技術、哲学、用意周到、取り越し苦労、手先が器用
ゾウ
墓に入る・・ご先祖様にご挨拶
几帳面、保守、蓄財、凝り性、頑固
ひつじ
彼岸期・・あの世とこの世を行ったり来たり。
スピードの速さ、あきらめのよさ、浮き沈み、単独行動
ペガサス

[戻る]